「ほっ」と。キャンペーン

膵臓手術のこと

疲れた日 Macんちの朝は遅い職業柄夜更かしだし そうゆう生活が普通になってる
数日前早朝から飼い主Aの検査が入ってると云う事で 早朝6時起きで病院まで・・・  
治療中は治りたい一心で 楽しくはないけどひたすら前向きに足を運んでいたのだが
今は術後の安心のための検査で不調は無い そうなると病院に行く事がストレスに 
前夜から眠れず 連れて行ってくれるMの運転横で寝ながら行くも 帰宅後はぐったり
a0091796_0105810.jpg
何時まで検査続けるのかな~と言う心境ですが・・・ 
ブログを止める方が多い中 私のブログは記録メモ日記そんな要素が濃くなっている
読んで楽しんで頂けたら嬉しいけれど 自分のためにの要素が増えていると云う事 
そんな中「膵臓切除」のブログ記事はコンスタントにアクセス数が多いのです
膵臓は胃や腸に比べたら珍しい 情報の少ない病気なのかも知れません 
膵臓手術してそろそろ2年になります 術後糖尿病の数値が少し上がってますが
病気の範疇ではないし 幼少の頃からの病弱はむしろ術後お腹も丈夫になったくらい
膵臓検索でブログを覗きに来た方に少しでもお役に立つなら 思い出せる範囲で少し
ここに経過を記しておこうと思います 
a0091796_0111968.jpg
膵臓と云う臓器は胃や腸と違い普段意識しないし 調子が悪いなと感じる事もない
私の幸運は14年前に大病をしたので エコーやCT検査を毎年続けていた事があります
今回のように病院に行く事がストレスと言いながら そのおかげで助かったと云う事 
8年続いた検査で もうすぐ完治の矢先に膵臓に小さな嚢胞が見つかりました 
a0091796_0114212.jpg
膵臓に嚢胞は珍しい事ではなく 良性が多いのでそのまま放置で良い事が多いらしい
担当医も放置で良いでしたが 心配性の私は叔母が膵臓癌で亡くなってる事もあり
10年以降も検査も継続する事に そしてすこしづつ嚢胞は大きくなっていたのです
そこで膵臓専門の医師の診察も新たに始まり CTなど経過観察検査を続けました  
この間体調変化はありません 毎回安心を貰いに検査を続けると云った感じでした 
a0091796_012311.jpg
半年ごとのCTだったでしょうか 少しづつ成長してた嚢胞が突然大きくなったのです
突然の成長は問題がある 入院して良性であると云う確信を得る検査をする事になった
麻酔をかけての検査 検査後膵炎になる確率が高いらしく ドキドキしながら入院
麻酔が覚めた病室に担当医が来て 途中で中止の旨を聞き膵炎にならないとホッとする
しかし途中で止めたのは 良性の可能性を担保する事が出来なかったと云う事であり
医師団の結論は 膵臓部分切除に至ったと云う事でした 
a0091796_0123777.jpg
おそらく悪い物は出ず 切除したが癌ではなかったになる可能性は非常に高いとの事
その事を了承した上で手術をお願いしました 毎年入院して膵臓検査をする事は
いつ悪性に変わるか心配をして暮らすと云う事で とても耐えられなと思ったからです
術後の糖尿病リスクも家系的にデメリツトは少ないと思えた事 さらに嚢胞の出来てる 
部分が膵臓尾部だった事で 胃や十二指腸を切除しないで済む事も大きかったし 
大人になると摘出しても問題ない 脾臓も通常切除なのですが残して頂く方向で
これは手術時間が長くなると 患者のリスクが大きくなると云う事なのだそうです 
a0091796_0125980.jpg
腹腔鏡手術は順調で脾臓も残して頂き 術後のインスリン注射も1度で済みました 
流石3日目までは記憶は曖昧 肝臓の数値が落ち着かないと云う事はありましたが
入院中は退屈と感じるくらい元気で読書もすすみ 一寸した別荘で休養気分でした
入院生活を別荘気分と云うのはいかがな物かですが 膵臓嚢胞が発見肥大の時期
私は義母との同居が始まり 答の見つからない大きなストレスを抱えていたからです
とは言え約1ヶ月退院出来ない訳で 食事はお粥でさえも少量しか食べられません
入院中は勿論退院後も油分制限 刺身もダメ生野菜も大根おろしに皮を剥いたトマトだけ
暫くはそんな生活で 何しろ少量しか食べられません しかしすべては時間が解決でした
a0091796_0132180.jpg
膵臓を三分の一とった訳ですが医師の言う通り悪い物は出ず 今も術後検査は一年ごとに
糖尿病リスクはギリギリ治療一歩手前の数値を維持して 今はごく普通の生活です 
人世に苦労はいらないし病気だってしない方がいい でもその病気から得る事も有ったかな
おまけの人世を貰って生かされてる感覚が強くなった 私にも使命が有るのかなと思える事
もっとも行動は伴わず のほほ〜んとを病気後も過ごしているなさけない日々ですけどね
(写真は 2016年の病院までの車窓から見た桜と自宅付近の桜)
[PR]
Commented by arak_okano at 2016-04-04 08:18
大変な大病と向き合あう、もう
頭が下がるばっかりです、バグースです。
アラック、直ぐに泣いてへこたれます。
Commented by ジェニママ at 2016-04-04 11:40 x
病気と上手に向き合って頑張ってるあむさん
周りのことを誰よりも気遣ってくれるあむさんに
いつも頭が下がります。
少し落ち着いたら会いたいですね。
α君はその後どうですか?
Commented at 2016-04-04 20:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b_macd at 2016-04-05 00:05
arak_okanoさま

いえいえ、病気もですが大変な思いをされてる方は沢山いらっしゃる、
比べる物では有りませんが、私は沢山の方に助けて頂いて今が有る、
ほんの少し病気の体験が多いので、何方にも言いたいのは、
病気になったらちゃんと向き合って下さいねとは言いたいです。
Commented by b_macd at 2016-04-05 00:12
ジェニママさま

いえいえ、何時も明るく積極的で行動力のジェニママさんに、
私は見習う事が沢山です。
戴いたモッコウ薔薇に蕾がつきました、咲く頃に会えるといいですね。
Macαはとても元気です、ゲーゼ代わりの服も昨日から着せずに済んでますし、
運動量も増えてやんちゃぶり発揮しています。^^v
Commented by b_macd at 2016-04-05 00:22
20:18分の鍵コメさま

お友達が多くていいですね、私の入院は何時も秘密が多いので、
読書三昧だったり、仕事してたりで…医師に笑われてました、
「何時も絵を描いてるね〜」って、優しい医師の方達に感謝の入院が多い。
主人には、何度も何度も心配かけて申し訳ないな〜と思うわ・・・
Commented at 2016-09-14 20:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b_macd at 2016-09-14 21:59
2016-09-14 20:17分の鍵コメさま

数年続けた検査ではミリ単位成長だった物が、手術の時には 
曖昧な記憶ですが4〜5cmになってたように思います。
切除した膵臓にしぼんだ風船のような嚢胞が付いていたそうです。

文章が途中で切れているようです、メールアドレスを鍵コメでお知らせ戴ければ、そちらにご返事も可能です、私にお答できることでしたら何なりとご質問下さい、お大事になさって下さいね。 
Commented at 2016-09-15 21:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b_macd at 2016-12-24 14:57
2016.09.15 21:21分の鍵コメ様

ごめんなさい、コメントに気がつきませんでした。
時間が立ってしまいましたが、いかがお過ごしですか?
私のPCメールアドレスです→ amyamazaki@me.com
此方にメール頂ければ、ご返事に間違いがないと思います。
お若い事と、部位の違いがありますが、病院の事とか、
解る事にはお答えします、何時でもどうぞ。

by b_macd | 2016-04-03 00:25 | 病気のこと | Comments(10)

イラストレーターあむやまざきと 愛犬B-Macの日々、時々イラストと料理も登場♪作品の無断転載、流用はお断り致します。


by b_macd